2010年09月21日

フランス転勤への準備を芦屋校で そしてパリ姉妹校へ

COMランゲージスクール体験談

仕事でフランスへ転勤することが決まり、赴任までの9ヶ月間、COMランゲージスクールの芦屋校でお世話になりました。フランス語は大学で少しかじっていましたが、すでにêtreの活用も忘れているような状態でした。ほとんど1から勉強を始め、週2回のプライベートレッスンで、とにかく9カ月で文法と会話の基礎だけは何とか詰め込んでもらってパリへ赴任しました。

赴任してからは2年になりますが、パリでは引き続き、姉妹校のエコール・ボラトンで週1回レッスンを受けています。仕事で不自由なくフランス語を使うのはまだまだ難しいですが、エヴ先生のおかげで日常会話は使えるレベルになり、TVやラジオのフランス語もそれなりに聞き取れるようになりましたし、雑誌を読んだりすることもできるようになりました。現地の情報がわかるようになって、流行りのレストランを訪ねたり、ストの状況が理解できたりと、生活にすごく役立っています。何より嬉しいのは、自分でSNCF(フランス国鉄)のサイトから列車の割引切符やホテルを予約して、自由にフランス国内の旅行ができるようになったことでしょうか。

この春にはDELF(フランス国民教育省認定フランス語資格試験)に挑戦してA2の試験にパスしましたし、先日は仏検2級にも合格しました。今はエヴ先生にDELFB1に向けての対策をレッスンしてもらっています。英語などの語学を習得することは私の夢のひとつでしたが、フランスへ転勤することが決まる前まで、自分がフランス語を話したりすることなど考えもしませんでした。今は少しその夢が実現したような感じです。仕事をしながらコツコツと勉強するのはなかなか大変で、いつももうこの辺でいいや…と思いかけるのですが、何とか目標を持って、少しでも長く続けていければと考えています。

2010年9月13日

秋田博一

posted by COMランゲージスクール在校生卒業生体験談 at 00:43| COMランゲージスクール フランス語生徒社会人 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。